ここから本文です

店舗紹介

ごあいさつ ~ 「人に勧めたくなるモノ・江戸箒」

長年「箒(ほうき)」を販売しておりますと、お客様から「懐かしいね」もしくは「昔は使ってたな」といった声を頂戴します。

「もう使われなくなったものなのに・・・まだ使っている人がいるんだ」といった、ちょっとした好奇心と、「昔はこうだったなぁ」という郷愁心(昔を懐かしむ心)が、そうした声の背景にあるように思われます。

私どもは天保元年に創業、当時とまったく変わらない「江戸箒」を製造し、販売しています。また、ずっと職人を抱え、「手作り」の「箒」をお客様の元に届けてまいりました。わざわざ「手作り」だなんていいますと、「手作り」じゃないモノなんてあるのか、と昔の職人から怒られそうですが。

長らくこうした商売を続けていると、どうしても「伝統」やら「老舗」の看板がついてまわります。「箒」でさえも、こうした看板がつきますと、単なる「日用品」から「芸術品」、もしくは「展示品」としての存在意義が強まってくるのは否定できません。

また、江戸時代から、そして明治・大正・昭和・平成。その昭和の中でも戦前・戦後、戦後でも終戦を得て高度経済成長期、そしてバブル崩壊から東日本大震災・・・といったまさに「時代」の移り変わりの激しさに思いを馳せますと、この「箒」ひとつをとっても、それらをとりまく環境や生活様式、それらに纏わる「意識」の変化の大きさに、驚きを禁じ得ません。

時代や意識の変化に対して、変わることのない「江戸箒」。その生きてきた歴史や時間を考えたときに、どうしても先行してしまう「思い」が、「懐かしさ」や「好奇心」なのは無理のないことだと思われます。

しかし私たちが今、お客様に伝えたいのは「伝統」や「老舗」や「古き良き日本の姿」ではありません。21世紀になった今現在に、現代の生活様式に適うものとしての「江戸箒」の価値(ポテンシャル)をお伝えしたいのです。

  • 夜帰宅してから掃除をしたい。掃除の時間も不定期。でも掃除機はうるさいし、だすのも面倒。
  • マンションを購入。フローリングがメインで畳が一室、絨毯もある。大事に掃除をして、いい状態を保ちたい。
  • 年を重ねた両親が、掃除機を「おっくう」だと言っている。箒をプレゼントに贈りたい。
  • ペットを飼っているんだけれど、化学繊維なものだとなかなか毛がとれない。静電気が起きない自然素材のものを。
  • 「シックハウス」・「ハウスダスト」、家族の健康を考えると、なるべく「自然のもの」を使いたい。
  • 掃除機が故障しました。処分にお金がかかるし、節電効果もある箒がいいのでは。
  • 環境に負荷をかけない道具がいい。家事を面倒な作業と捉えず、丁寧な暮らしがしたい。

上記に挙げたのは、弊社で箒をお買い上げ頂いた「お客様の声」です。

現代が抱えている「生活様式」・「健康」・「介護」・「環境」・・・様々な問題点を、お客様の声から聞き取ることができます。そうした「問題点」に対して、私どもの「箒」がお役に立ち、「箒って、便利だねぇ。昔の人の知恵はすごいね」といった声こそが、私どもの「誇り」となり、「伝統」を守り続けている原動力になっています。

続けてよかった、そして続けていかねば・・・と心引き締まる思いが致します。

「スローフード」・「スローライフ」という言葉をご存ですか?

我々がこれまで築き上げてきた「豊かさ」。その「豊かさ」が切り捨てていってしまったものを今一度見直そう、という価値観からおこってきたムーブメントです。

各人ひとそれぞれ、それぞれなりの「豊かさ」や「価値観」をもっていれば、それに越したことはありません。

「これが本当の豊かさだ」・「本物の価値とは」などと大見栄をきるつもりもございません。

ただ、「これから」のために、「いままで」をもういちど見直してみよう、ふとそう感じた時、私どもの作る「江戸箒」は、これからの「豊かさ」を考え、実現していくための「きっかけ」となる可能性をもった商品だと考えています。

これからも「江戸箒」をお客様の元へ提供していくべく、商いを続けて参る所存です。

なにしろ、どんな時代においても、「掃除」という行為を「ひと」がやめたことはないのですから。

今後ともどうかご愛用の程、よろしくお願い致します。

「白木屋中村伝兵衛商店 社員一同」

代表取締役 7代目 中村悟

地図・住所

東京都中央区京橋3-9-8 白伝ビル1F
フリーダイヤル : (0120)375389 (ミナゴミハク)
TEL : 03(3563)1771    FAX:03(3562)5516
営業時間 : 月~土 10:00~19:00 (日、祝日休み)

「地下鉄都営浅草線・宝町」
A3出口を出て南へ50メートル、首都高速(高架)の手前を右に曲がって3軒目右側。

「地下鉄営団銀座線・京橋」
銀座方面の2番出口を出て南へ50メートル、警察博物館・INAXショールームの間を左へ
次の角を越して2軒目、左側。