棕櫚箒・たわしのご案内

棕櫚たわし

弊社で取り扱っている「棕櫚箒」は主に2種類ございます。

和歌山・海南にて、長年棕櫚箒を作り続けてきた「山本寿美博商店」の棕櫚箒と鬼毛箒、もうひとつは神奈川・厚木にて、箒を作り続けてきた、現役の箒職人「村井徳夫氏」の棕櫚箒の2種類です。

「山本寿美博商店」の棕櫚箒(鬼毛・9玉特上・7玉特上・短柄特上)

先代の「山本寿美博氏」が棕櫚皮の原料を扱う商いをしていた関係で、「過剰在庫」と化していた大量の「海南産・棕櫚皮」のストックを所持していました。そのストックを取り出し、今では大変に希少となった「和歌山・海南産 棕櫚箒」の製作を維持しています。現在、寿美博氏は他界し、その奥様・息子さん(山本雅人氏)が跡を引き継ぎ、海南・野上谷にて棕櫚箒・たわしを作り続けています。

海南産の棕櫚は中国産に比べ柔らかで肌理が細かく、形状も作りも昔と変わっていません。お使い頂くにあたり、丁寧な仕上がりを実感して頂けるものと思っております。

(現時点、「鬼毛」に関しては海南産は現存せず、中国産の良質なものを山本氏が選別し、製作しています)

「村井徳夫氏」の棕櫚箒(業務用棕櫚箒 長柄・短柄、トサカ箒)

神奈川・厚木在住の村井氏は70年以上に渡り箒を作り続けている、「現役」の箒職人です。 
棕櫚は中国産、原料費が安く上がるため、棕櫚の量をボリュームたっぷり、リーズナブルに提供できる利点がございます(若干、粉が多めにでます)。

海南産・中国産を比べて、耐久性・機能性において価格差ほどの差はございません。「掃除道具」としてはどちらでも十分お役に適うものです。「山本寿美博商店」の棕櫚箒は海南産の棕櫚といった「希少性」と、棕櫚皮の選別・編み上げ・仕上げといった昔と変わらない製作過程の「丁寧さ・手間暇」を、その価格の価値として、考慮して頂ければと思います。

棕櫚箒・たわしの特徴

「棕櫚」は大変強度のある素材で、その耐久性・柔らかさに特徴がございます。

棕櫚箒はその耐久性ゆえに、10年から20年は優にお使い頂けます。棕櫚皮は水・湿度にも強く、カビたり腐ったりすることが皆無な素材です。棕櫚箒はその耐性ゆえ、長期に渡ってお使い頂けます。棕櫚箒は木床(フローリング)との相性がよく、モップのように穂先をそっと床にあて、埃・ゴミをあまり舞い上げず、撫でるように静かにご利用下さい。10年~20年に渡り、撫でるようにフローリングを掃き寄せますから、棕櫚のもつ「アク」が長年に渡り使うことで、木床(フローリング)に移っていきます。長くじっくりと使い込むことで、フローリングの「ツヤ」といった「経年変化(エイジング)」を楽しむことのできる素材です。

棕櫚たわし

棕櫚はその耐久性故に、箒以外に「たわし」「縄」「紐」といった日々ハードに使う道具として、石油化学製品が市場に出回る前は、大変な需要がございました。

特に棕櫚たわしは、柔らかさと耐久性、カビず・腐らず・水回りにも大変強いことから、今新たに見直されている生活道具です。ステン・ホーロー・鉄瓶・鉄鍋他、「調理道具全般」にお使い頂けます。棕櫚のもつ「持ちの良さ」「柔らかさ」を分かり易く、実感・体感していただける道具といえます。是非、お試しください。